ホームへ
ほのぼの運動ロゴマーク 地域貢献プロジェクトの実績
支援・寄付活動
継続的支援
地域貢献プロジェクト
東日本大震災関連プロジェクト
忘れな草プロジェクト
母の日チャリティイベント
その他
チャレンジ未来 交流会
目的 中規模かつ広範囲で活動されている団体に対し、継続して支援・寄附をしています。
ほのぼの運動協議会といっしょに成長していくことをめざしています。
支援内容 ◆毎年一度、一定金額を寄附します。
◆フォーラム等でプレゼンテーションをしていただくことで、認知度の向上を支援します。
◆各種プロジェクトの共催、協力など、ともに成長をめざします。


  ※特に、ほのぼの運動からの寄附での2014年の活動については、こちらをご覧下さい。
   また、各団体で活躍されているスタッフの方の声も掲載しております。
   過去に継続的に支援した団体はこちらをご覧くださ。


支援団体
特定非営利活動法人(NPO法人)
自立生活センター
くれぱす
◆活動趣旨
障害のある人もない人も誰もがその人らしさを大切にしながら、安心し、心豊かに暮らせる地域社会を目指し活動を行っている。
障がい当事者ならではの視点を生かし、考え、行動し、発信していくことで、今ある社会の価値観に一石を投じる。
@エンパワメント支援(障がい当事者による障がいがある人が社会の中で暮らしていく支援)
A権利擁護活動
B広報活動
C講師派遣
Dまぁぶる・かふぇ

2017年より継続支援
支援団体
特定非営利活動法人(NPO法人)







チャイルドライン
支援センター
◆活動趣旨
18歳までのこどもがかける電話チャイルドラインは、
こどもが生きやすい社会をつくるため、こどもの声に耳を傾けています。
@子ども専用フリーダイヤルの運営
A電話のスキルアップの一環としてエリア研修会開催
B「子ども支援」のあり方を考えるフォーラムを開催

2007年より継続支援
支援団体
特定非営利活動法人(NPO法人)







東京シューレ
◆活動趣旨
不登校の子どもが安心していられる居場所の提供、子どもたちが自分が自分であることを大切にし、不登校の子どもおよび不登校を経験した子ども、学校外の学びと交流を求める若者のために子ども主体の教育の実践。全国組織の取りまとめを行う。

2008年より継続支援
支援団体
特定非営利活動法人(NPO法人)



勇気の翼
インクルージョン
◆活動趣旨
障がい者理解のための「教育」と「就労支援」、特に障がい者との継続的な「交流」を通じた真の相互理解を 育む活動を推進中。差別や偏見を持たない、心やさしい人づくりを応援している。

2009年より継続支援
支援団体
特定非営利活動法人(NPO法人)
水曜クラブにて
日本園芸療法研修会

◆活動趣旨
1995年設立以来、園芸療法の普及教育活動と、全国の実践者のネットワーク強化のために各種講座の開催、実践者養成講座、実践者へのスキルアップの講座等を開催。各種施設への園芸療法スタッフ派遣、スーパーバイズを行う他、2005年からは認知症予防・介護予防事業として在宅高齢者への園芸療法による支援を継続。

ほのぼの運動協議会の支援で、いまでも年に2回東北へ被災地復興園芸療法を行いに行っている。

2009年より継続支援

支援団体
特定非営利活動法人(NPO法人)
子育てアドバイザー協会
◆活動趣旨
子育てに悩み不安をかかえる親の相談役「子育てアドバイザー」を養成する子育てに悩み不安をかかえる親の相談役「子育てアドバイザー」を養成する
@子育てアドバイザーの養成事業
A子育ての相談事業
B子育てに関する情報提供事業

2008年より継続支援
支援団体
特定非営利活動法人(NPO法人)


国際環境NGO
FoEジャパン
◆活動趣旨
FoE Japan は、地球規模での環境問題に取り組む国際環境NGOです。
世界74ヵ国に200万人のサポーターを有する Friends of the Earth International のメンバー団体として 日本では1980年から活動を続けてきました。
活動テーマは、
@気候変動
A福島支援と脱原発
B開発金融と環境
C森林保全と生物多様性

2012年より継続支援