ホームへ
ほのぼの運動ロゴマーク 東日本大震災関連プロジェクト
支援・寄付活動
継続的支援
地域貢献プロジェクト
東日本大震災関連プロジェクト
忘れな草プロジェクト
母の日チャリティイベント
その他
チャレンジ未来 交流会
     



主催:一般社団法人ほのぼの運動協議会
共催:上智大学、八雲町産業連携促進協議会、八雲町
後援:八雲観光物産協会


第2日目のはじまり


2日目は、野外での体験学習です。
ところが、大型台風の影響で本州も大荒れだったそうで、八雲も雨空で始まりました。
そこで、急遽野外は取りやめ、屋内での体験学習に。


プログラム@



〜郷土資料館にて歴史を学ぶ〜



まずは、八雲町郷土資料館を訪ね、歴史を知る時間です。

郷土資料館には尾張徳川家の遊楽部開拓を中心に、八雲地域の旧石器時代から開拓時代にいたるまでの多くの歴史資料が展示されていました。

漁業舟やバターを製造する機械バターチャーン、バター飴の製造機械などが産業資料に収められています。
1日目で木彫り熊が八雲町が発祥と聞きましたが、実は、バター飴の発祥も八雲でした。しかも、 あの有名なトラピストのバター飴も八雲の方が行って指導されたとのこと。

さらに、アイヌ民族衣装も、国の重要文化財に指定された縄文時代の骨角器などの貴重な展示されていました。


八雲が発祥のバター飴の製造機械



移住してきた尾張徳永の生活


旧徳川家移住者の家


先史時代の展示物


バターを作る機械・バターチャーン



次に、八雲町公民館のすぐ脇にある梅村庭園・梅雲亭へと向かいました。
この梅村庭園は、町の指定文化財で、町民が身近に緑を鑑賞し四季を通じて集い楽しめる公園とするために、町が梅村家の好意により譲り受けたものだそうです。

この庭園は、旧尾張藩士であった梅村多十郎が、近隣の石や樹木を駆使して造園したもの。
庭園の中心にある池は湧水で満たされ、1年中枯れることはありません。そして、池の周りには、築山や枯れ山水などたくみに配置されている、北海道ではめずらしい池泉回遊式庭園。さらには、建てられた当時では珍しかったコンクリートで作られた灯籠も配置されています。


2001年に八雲町の所有となり、その後整備を進め、2003年には、開町125周年を記念して土蔵と離れをつなぐ休憩施設として梅雲亭が完成し、土蔵や離れも一般に公開されるようになりました。
その際には、ほのぼの運動協議会の大河原毅理事長が枯山水を寄贈。いまでは、町民の憩いの場であるとともに、貴重な日本文化を感じられる場所として、知られていっます。

 





梅村亭の入り口


梅村亭のお池


梅村亭内。
昔のガラスのこの揺れに美を感じます。


庭園にあるお池は癒しの空間


大河原理事長が町に寄贈した枯山水


 



プログラムA



農業体験〜農家が指導する農作業体験&農業に関する説明+食体験〜

午後に入って、曇り空ではあるものの大丈夫だろうとのことで、野外体験学習へと繰り出しました。

まずは、農業体験から。
農家が指導する農作業体験&農業に関する説明+食体験です。

野菜・花卉(かき)収穫・調製体験として、枝豆・かすみ草などを収穫。

 

カスミソウ畑
かすみ草畑。
かくれんぼ?にしては、バレバレ。
かくれんぼ?にしては、バレバレ。
枝豆畑
次に枝豆畑へ。
粒がとっても大きいのです
粒がとっても大きいのです。
どんどんもいでます
どんどんもいでます。
枝豆もぎ完成!
枝豆もぎ完成!


次に、みょうがを摘み、パッキングのお手伝い。

みょうが、わかりますか?
みょうが、わかりますか?
摘みたてのみょうがたち。
摘みたてのみょうがたち。
サイズごとに選別中。
サイズごとに選別中。
そうしてパッキング!
そうしてパッキング!


餅つき&大福づくり体験。
餅つき中
少しへっぴり腰で、餅つき中。
餅つき中
さすが、男の子!
つきたてのお餅をまるめてあんこをつめる
つきたてのお餅をまるめて、あんこをつめる
大福の完成!
完成した大福!

最後は、昼食&生産者との交流。つき立てのお餅と採れたての枝豆を満喫しました!
みんなでお食事
みんなで新鮮な食事をいただきました。
つきたてのお餅のスープ
つきたてのお餅のスープ。おいしそうでしょ!
野菜ソムリエ
今回、ご協力いただいた野菜ソムリエ。
農家の奥様がた。
同じく、ご協力いただいた農家の奥様たち。


プログラムB



漁業体験〜漁師が指導するイクラづくり体験&漁業に関する説明〜

お天気がよければ午前中に遊楽部川サケ捕獲場を見学し、そこで捕獲した鮭を使用するはずでしたが、あいにくの時化で漁がなくなりました。

そんな状況なのに、町の方が私たちのために隣町から鮭を用意してくださったのです!ありがとうございます。









隣町から取り寄せた新鮮な鮭
隣町から取り寄せた新鮮な鮭


まずは、先生のお手本と説明を受け、次は学生たちもチームに分かれて、鮭の腹を割くことからスタート。
もちろん初体験なので真剣です。
なかなか奇麗におろすのは難しいですね。








先生のお手本と説明
先生のお手本。

学生たちも。
学生たちもチームに分かれて、鮭の腹を割く。

そしてお腹には大きなイクラが。
それを奇麗に水で洗い、ばらばらにしていきます。
「へえ、こうしてバラバラにするんだー」とどのグループからも声があがります。


お腹から出てきた大きなイクラ。
お腹から出てきた大きなイクラのかたまり。

イクラは鮮度が命。
イクラは鮮度が命です。

身は、3枚におろします。 これがなかなか難しい。
常に包丁を使っている人にも難しいのですから初心者はもちろんですね。
骨にたくさん身がついた三枚卸が出来上がりました。


三枚おろしはむずかしい3枚おろし中。難しかったです。

イクラに醤油を加えて、一晩寝かせます。
そうして、ようやく出来上がり。
これらは翌朝の朝食になりました。

洗いほぐしたイクラに醤油を加えて、一晩。

一晩寝かせて、完成したイクラの醤油漬け。
一晩寝かせて、完成したイクラの醤油漬け。

お刺身
身のほうは、お刺身として。
地元漁師の方々
お手伝いくださった地元漁師の方々

最後はみんなで記念撮影。


夕食に、朝食に、新鮮な食材をあますところなくつかったおいしいお食事をいただきました。
お仕事の時間を割いてご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。
都会の私たちには、めったに体験することができない、貴重な経験をさせていただき、人生の財産として持ち帰らせていただきました。

 


チャレンジ未来 交流会 〜上智大学と八雲町の交流・連携の可能性を求めて〜

最終日につづく

前日に戻る


 



この件に関するお問い合わせは、
ほのぼの運動協議会事務局まで。
電話:03-5328-1275、メール:jimukyoku@honobono-undo.org