ホームへ
ほのぼの運動ロゴマーク 東日本大震災関連プロジェクト
忘れな草プロジェクト
2017年忘れな草プロジェクト
2016年忘れな草プロジェクト
2015年忘れな草プロジェクト
2014年忘れな草プロジェクト
未来へ向かって 〜 2015年忘れな草プロジェクト  

新しい仲間・福島県立福島明成高等学校訪問


●創立119年の名門校!!

東北本線南福島駅からほど近い、福島県立福島明成高等学校。1896年、福島県立蚕業学校として創立されました。2015年で創立119年を迎える名門校で、福島を支える人材を輩出されています。
 
 
●温室のみならず、果樹園や水田、リサイクル施設も……

広大な敷地を有する明成高校。
草花や野菜の温室はもちろん、畑、水田、果樹園、さらには牛舎や鶏舎といった畜産施設に、リサイクルプラントの施設や最先端の実験設備まで、一学校とは思えないほど設備が整えられています。
また、企業との商品開発なども積極的に行われているとのこと。
21世紀の農業・食・環境を創造し、リードするにふさわしい学校でした。


●ずらりと並んだ温室

ずらりと並んだ温室。この数だけでも、圧倒されてしまうほど。これらの温室の向こうには果樹園、果樹園の向こうには吾妻連峰を望むこともでき、とても環境に恵まれている学校です。


 
 

●寄せ植え講座は近隣の方々からも大好評
できた草花や農産物の販売もさることながら、寄せ植えの市民講座なども開催され、すぐに定員になるほどの大盛況だそうです。


●機能も充実した温室

とうかがいしたときには、温室は一面シクラメンで彩られていました。とても立派で、色も鮮やかなシクラメンです。
ここが一面忘れな草になる……。想像するだけで、わくわくしてきました。


 
 
●今回、メインで携わってくださる先生方


担当の佐久間先生は「福島市は花の町・ふくしまなんです。だから、その名にふさわしい忘れな草を育てます」、そう力強くおっしゃってくださいました。
心強い仲間をあらたに迎えて、ますます充実した忘れな草プロジェクトを開催できるよう、一層気が入りました。
みなさまも、応援、よろしくお願いいたします!!
(写真左からほのぼの運動協議会作間副理事長、於保理事、福島明成高校の佐久間先生、橋本先生、八島先生)



 
   



このイベントに関するお問い合わせは、
ほのぼの運動協議会事務局まで。
電話:03-5722-1070、メール:jimukyoku@honobono-undo.org