ホームへ
ほのぼの運動ロゴマーク 東日本大震災関連プロジェクト
忘れな草プロジェクト
2018年忘れな草プロジェクト
2017年忘れな草プロジェクト
2016年忘れな草プロジェクト
忘れな草プロジェクト
忘れな草プロジェクト
     




2015年3月8日(日)と 3月15日(日)に、
行われた 「忘れな草プロジェクト」。
このときに配布した忘れな草が
咲いたという報告を続々といただいています。
ここで、見事花を咲かせた忘れな草を
ご紹介いたします。


(2015年10月31日 更新)

20143月銀座で行われたイベントにご協力くださいました方より、福島市役所経由で手紙と寄付金をいただきました。これらは、この4月に福島市役所宛に送られてきたものだそうです。

そこで市の職員さんが、手紙に書かれている内容を基にどこと団体が行っているイベントかを探し、たどりついたのが当協議会のHPだったそうです。

 

まだ始まったばかりで知名度もまったくない当協議会の活動が、このように間接的に広がっていくことにありがたいかぎりです。

 

震災の爪後は深く、東北の支援を強化しなければならない矢先に、今回の豪雨で悲惨な現状が続いている数々の地域。 

どこをどのように支援したらよいか分からない状況が続いていますが、これからも力を合わせて、活動を継続していけたらとおもいます。


 


(以下、手紙全文)

前略
突然の便りで驚いたことと思います。
昨年、福島県の女子高の生徒さん達が銀座でワスレナ草を配りながら募金活動に来ているとテレビで知った翌日、私達老夫婦で募金に参加致しました。その時いただいたワスレナ草の鉢を大事に育てたところ、今年は見事鉢からあふれんばかりと咲きました。東京は東北より一足早い春が来た様です。元気いっぱいに咲いた青紫色の可愛い花が見られました。
この元気な花の様に、東北の皆さんも過ごしていただきたく勇気の花を写真で送ります。
福島のどの女子高か知らないのですが、昨年銀座で逢った時の様に元気で毎日を過ごしていると信じております。この満開のワスレナ草も東京で元気です。いただいた花の元気で勇気の出るような写真を見てもらいたく送ります。福島の女子高校生の皆さんありがとう。



(2015.05.31更新)

【No.9】

 

Mさまより。
少し遅咲きですが、とってもきれいに咲かせてくださいました。






【No.1】

  「東北の高校生から受け継いだ『忘れな草』に
と〜〜ってもカワイイお花が咲きましたよ〜〜♪♪

   シアワセな気分???...
ありがとうございます(*´▽`*)」とSさんより


 

 



【No.2】

去年のチャリティーイベントで忘れな草を受け取ってくださった方からレポートをいただきました。
今こんなにもたくさんの花が咲いているそうです。
ありがとうございます!





【No.3】

イベント毎にみんなで実施している「えがお体操」の室屋佳子監督から、
忘れな草のレポートをいただきました。
とっても小さくて可憐な忘れな草が咲いたそうです。



 



【No.4】

【小さい春見つけた!】
忘れな草が咲きましたー!!
嬉しいなー
とAさんより





*昨年の忘れな草も元気とのことです。


【No.5】

あまりに小さくて声をだしてしまったとのこと!!

【No.6】

こんなに立派に可愛く咲いてます。

 


【No.7】

福島で作られた忘れな草が
宮城県南三陸に運ばれ、美しく花を咲かせました。
このストーリー素敵だと思いませんか?



【No.8】
「アイラブアイルランドで頂いた忘れな草、
4月初旬に咲き始めて今は可愛らしい花がたくさん咲いています。
まだ蕾もあるのでもう少し楽しめそうです。
毎日この小さな花を見て癒されています♪」
とKさんより。




ほかにも、忘れな草が咲いたよという方がいらしたら、お知らせください。
事務局宛に、写真とメッセージをお送りいただいた方は、ほのぼの運動協議会のfacebookページやNews Letterでご紹介させていただきます。
育てた高校生や、ボランティアスタッフの励みになります。
ぜひ、みなさまからの一通でも多いご報告、お待ちしております。
送り先は、jimukyoku@honobono-undo.org まで。


 
   



このイベントに関するお問い合わせは、
ほのぼの運動協議会事務局まで。
電話:03-5722-1070、メール:jimukyoku@honobono-undo.org