ホームへ
ほのぼの運動ロゴマーク 東日本大震災関連プロジェクト
忘れな草プロジェクト
2017年忘れな草プロジェクト
2016年忘れな草プロジェクト
2015年忘れな草プロジェクト
2014年忘れな草プロジェクト
忘れな草プロジェクト2016〜花から始まる物語〜  

手渡し式・福島県立磐城農業高等学校


磐城農業高校

昨年3月1日に開通した常磐道で、東京からいわき市へ。坂の上に真新しい校舎が見えるなぁと思っていたら、それが磐城農業高校の新しい校舎でした。おととしおうかがいしたときにはプレハブだったのが、こんなに美しい、立派な校舎になっていて、とてもうれしかったです。
 
 


教室に入ると、たくさんの生徒のみなさん、そして校長先生までいらしてくださいました。
なかには、昨年参加してくれた3年生も。懐かしい再会でした。
そして、まずは、作間副理事長からのあいさつ。



あいさつが終わるとすぐカメラのフラッシュやテレビカメラの前で、手渡し式に。
テレビが2局、新聞が4紙来てくださいました。
多くのカメラの前で、緊張気味の高校生から、於保理事と作間副理事長が代表で忘れな草を受け取りました。
 
 



その後、育て方のコツなどを生徒から。手前の佐藤さんは、カメラの前でとても緊張してしまったのですが、小さくてもしっかりひと言ひと言、忘れな草について話してくれました。




日差しがさんさんと降り注ぐ新しい校舎で、忘れな草もみなさんの笑顔もとてもきらきらとしてみえました。
 
 


一番手前が3年生。去年、とても楽しかったといって、自宅待機のところわざわざ私たちにあうために学校に来てくれたそうです。 さすが、余裕の笑顔が見えますね。
後ろに2年生と3年生、今年メインで育ててくれて、代々木公園でのイベントにも来てくれる生徒たちです。


この日、鶏舎でとれたという卵をお土産にいただきました。
 
 


少し時間があったので、校内を案内していただきました。校舎自体はできたものの、中の設備はまだ完全ではないとのこと。
そして、屋上にはソーラーパネルが一面に敷き詰められていました。
そして、遠くの山を見ながら、校長先生より震災当時のお話をうかがいました。



そして、実はこの日、東京のレインボータウンFMが生中継をしたいとのことで、ラジオに出演しました。
菅野先生(左)、2年生の丹治さん(中央)、作間副理事長(右)のラジオ出演中の風景です。

 
 


ラジオが終わると、ちょうど作業服に着替えた生徒たちが戻ってきてくれました。
最後にみんなで写真をとり、東京での再会を約束して磐城農業高校をあとにしました。



2年前、4人の生徒と2人の先生で始まった手渡し式が、こんなに多くの生徒たちが喜んで参加してくれるものになったことがとてもうれしく感じました。
NHKのニュースで放送されるなど、一層マスコミの関心も高くなってきているように感じました。
忘れな草は、今年は葉が元気に、大きく広がるようにと工夫して育ててくれたとのことで、とても青々と立派に育っていました。
あたたかかったこともあり、3月20日には、だいぶ花が咲いているかもしれません。
ぜひ3月20日、代々木第一公園へ、生徒たちから忘れな草を受け取りにいらしてください!!


ラジオの様子は、こちらからお聴きいただけます。




 
   



このイベントに関するお問い合わせは、
ほのぼの運動協議会事務局まで。
電話:03-5722-1070、メール:jimukyoku@honobono-undo.org