ホームへ
ほのぼの運動ロゴマーク 東日本大震災関連プロジェクト
忘れな草プロジェクト
2017年忘れな草プロジェクト
2016年忘れな草プロジェクト
2015年忘れな草プロジェクト
2014年忘れな草プロジェクト
忘れな草プロジェクト2016〜花から始まる物語〜  

手渡し式・福島県立福島明成高等学校

福島明成高校
午後からは、福島明成高校での手渡し式。
こちらも、昨年よりだいぶ参加生徒数がふえていました。
ずらっと並んで、総勢18名。ただし、1人はインフルエンザで不参加とのこと。





こちらも作間副理事長のあいさつからスタート。
その後、すぐ生徒たちから次々と理事が忘れな草を受け取っていきました。



こちらにもテレビ2局、新聞が2紙、雑誌が1誌と、多くのマスコミの方がいらしてくださいました。
それぞれ、ポーズのご要望があり、みんな忘れな草を持ち合いながら、あちこちと撮影されました。




最後にみんなで記念撮影。
ちょっと緊張気味で初々しい生徒のみなさんの笑顔と、忘れな草の若葉がとてもまぶしく感じられました。



福島明成高校では、花がきれいに、早く咲くような育て方をしてくれたとのこと。
黄緑色のポットや、台にもこだわりのかわいらしさが見られます。

また、オリジナルのメッセージは、シードペーパーという花の種が巻き込まれた紙で、ここからまた新しい花が咲くというものだそうです。








こちらでは、最後に作間副理事長が生徒代表の3人にインタビュー。
とてもしっかりと答えてくれました。
この模様は、後日掲載いたしますので、いま少し、お待ちください。


福島明成高校の生徒17名は、3月19日の土曜日、表参道のまちかど庭園で忘れな草を配りに来てくれます。
ぜひ、生徒たちに会って、心を込めて育てた忘れな草を直接もらっていただきたいと思います。


 
   



このイベントに関するお問い合わせは、
ほのぼの運動協議会事務局まで。
電話:03-5722-1070、メール:jimukyoku@honobono-undo.org