ホームへ
ほのぼの運動ロゴマーク 東日本大震災関連プロジェクト
忘れな草プロジェクト
2017年忘れな草プロジェクト
2016年忘れな草プロジェクト
2015年忘れな草プロジェクト
2014年忘れな草プロジェクト
     

忘れな草プロジェクト2016-花から始まる物語-

また今年も多くの出会いがあった
忘れな草プロジェクト。
ここでは、受け取ってくださったみなさまからの、
「咲いたよ」報告をまとめてみました。


当日の様子は、3月19日3月20日からご覧いただけます。


2016年4月3日
レポート第一弾が届きました。
例年、高校生から受け取ってくださっている、K様です。
「今年もアイラブアイルランドで忘れな草を頂きました。
昨日の朝、水遣りをしてくれている4歳になりたての娘が「お花咲いたよ!」と教えてくれました。花が咲くのを心待ちにしていたのでとても嬉しかったようです。
今年もまたたくさん花を咲かせて和ませてくれそうです(*^_^*)」




2016年4月5日
お店の店内で、多くの人々の行き交う中で咲きました!

と匿名の方より。



2016年4月6日
3月19日の雨の中、受け取ってくださったMK様。
「おはようございます!! 咲きました〜!!
高校生のみなさんの笑顔が、咲きました〜♪」
とのこと。



2016年4月8日
こちらも3月19日の雨の日に来てくださいましたTTさまからのリポートです。
「今年もかわいいです。まだ、少ないですが、これからたくさん咲きそうです」
とのこと。


2016年4月10日
ピッツァテアトロ京王府中SC店の店長、田中浩樹さんから。
「先月から府中に来て、鉢に引っ越し、店頭が持ち場の忘れな草。
ある時、可愛らしい小さな花が咲き、忘れな草もお客様をお出迎えしてくれています。」 とのことです。



2016年4月15日
YIさんより。

「九州の地震を思いながらアトリエに来たら、忘れな草の花が咲いていました。
忘れな草プロジェクトでいただいた忘れな草。
東北の復興支援のために高校生が育てた忘れな草が今、花咲くって偶然ではないような気持ちになりました。
九州の被害がこれ以上広がらないようにと思わず忘れな草に祈りました。
神様どうぞよろしくお願いいたします。」



2016年4月20日

KFさんからのリポートです。

「忘れな草が咲きました。
3月19日雨の日に、福島の高校生達が復興支援の感謝の気持ちを込めて育てた忘れな草。
頂いた時はまだ小さなカブだったのに、今では伸び伸びと葉っぱを広げて、可愛い青いお花を咲かせています。
「花が咲く」って、気持ちが一瞬で清々しくなりますね。ありがたいです(*^^*)
熊本の大地震は、東日本大震災の時のショックが思い出され、熊本県の皆様のご無事を祈らずにはいられません。
どうかどうか、これ以上被害が出ませんように。」



2016年5月10日
「福島の高校生のお姉さん達に頂いた忘れな草。3歳の双子が毎日競ってお水をあげてます。まだ理解できる年齢ではありませんが、命あるものを大事に出来る優しいココロがしっかり育ちますように。そして、次の世代にも思いを繋げますように。」
 KYさん、双子ちゃん、立派に育ててくれてありがとうございます。


引き続き、みなさまからのご報告をお待ちしております!!
送り先は、事務局までお願いいたします。


主催 ほのぼの運動協議会
協力 NPO法人 日本園芸療法研修会
    SOLA



 
   



このイベントに関するお問い合わせは、
ほのぼの運動協議会事務局まで。
電話:03-5722-1070、メール:jimukyoku@honobono-undo.org