ホームへ
ほのぼの運動ロゴマーク 東日本大震災関連プロジェクト
忘れな草プロジェクト
2017年忘れな草プロジェクト
2016年忘れな草プロジェクト
2015年忘れな草プロジェクト
2014年忘れな草プロジェクト

3月11日 巣鴨地蔵通り商店街 すがもん広場


3月11日。
東北では各地で東日本大震災の復興イベントが開催される中、巣鴨で今年最初の忘れな草プロジェクトを開催いたしました。
この日は、6年前のあの日と同じくらい、どこまでも青く透き通った空の下、 巣鴨地蔵通り商店街のJR巣鴨駅側アーケード近くのすがもん広場を広々と使わせていただきました。
巣鴨地蔵通り商店街自体は、12時から歩行者天国とのことで、ゆっくりとしたスタートだろうということで、9時30分から準備を開始しました。



ところが、テレビカメラのせいなのか、巣鴨という土地柄なのか、準備段階から早くも次々とみなさん興味を持ってくださいます。
自転車の方も歩行者の方も、これまでにないほど立ち止まり、声をかけ、お話をして、募金をしてくださいました。
高校生たちもそれに応えるよう、きちんと目を見て忘れな草を手渡すことができていました。


次から次へと人が集まってくださり、また一人の人がほかの方へ電話をかけて呼びかけてくださるなど、これまでとはまた違う広がり方をしていきました。
気がつくと、12時の歩行者天国を待たずに忘れな草がなくなるという、過去最高のスピードで配布が終了。ほんとうに、あっという間でした。


この日、参加してくれた福島明成高校のみなさん。とても晴れやかな顔です。
最後は、恒例のカンタイ! みんなの顔も一気にほころびます。




巣鴨で初の活動でしたが、この日、終わって見て「私たちのこの忘れな草プロジェクトにもっともふさわしい場所は巣鴨だ」、そう口々にほのぼの運動協議会のスタッフが言うほど、巣鴨ではみなさんが関心を持ち、高校生に話しかけ、励まし合うという活動ができました。
またぜひ来年もここでやりましょう、ここで会いましょうと、声をかけあいながら、解散となりました。
福島明成高校のみなさん、忘れな草を受け取ってくださった方、募金をしてくださった方、ボランティアで集まってくださったみなさん、ありがとうございました。

→3月18日(日曜日)はこちら

 
   



このイベントに関するお問い合わせは、
ほのぼの運動協議会事務局まで。
電話:03-5722-1070、メール:jimukyoku@honobono-undo.org