ホームへ
ほのぼの運動ロゴマーク 東日本大震災関連プロジェクト
忘れな草プロジェクト
2017年忘れな草プロジェクト
2016年忘れな草プロジェクト
2015年忘れな草プロジェクト
2014年忘れな草プロジェクト

3月19日 代々木第一公園


忘れな草プロジェクト2017−チカラ、あわせて−3日目は、前日と同じく代々木第一公園のアイラブアイルランド・フェスティバル内にブースを設置しての配布でした。
さすがにこの日はフェスティバルのセレモニーがあるということもあって、たいへんな賑わい。また、山王ロータリーのみなさん、倫理法人会のみなさんなど、ほのぼの運動のボランティアも、やる仕事を見つけるのがひと苦労になるくらい、たくさん集まってくださいました。(寄附金を持ってきてくださり、ボランティアにも参加してくださった山王ロータリーのみなさん:写真右)

この日の配布担当は、相馬農業高校のみなさん。
朝10時に開始してすぐに、海外のメディアから取材を受けるなど、にぎやかになる予感しかしないスタートでした。(海外メディアからの取材を受ける相馬農業高校のみなさんと理事長:写真左)


相馬農業高校のメンバーの中には、前の週にも杉並で募金活動をしていたというスタッフもおり、積極的に広い代々木公園をあちらこちらと歩いていました。
社会人、大学生のボランティアスタッフも、それぞれのポジションを決めるようにして、広い代々木公園のどこにいっても、「忘れな草プロジェクト」のたすきをかけた人に会えるような気がするほどでした。


フェスティバルの後半には、こちらも恒例のセレモニー。
東日本大震災以来、そしてこの忘れな草プロジェクトの開始以来ずっと支援をしてくださっているアイルランドの大臣、アイラブアイルランドフェスティバル実行委員長へ、中央ステージで忘れな草を贈呈し、これまでの感謝を伝えました。


この日は、セレモニーの途中で予定数量が終了。予定より1時間以上も早くになくなってしまいました。
最後は残っていたボランティアスタッフで、相馬農業高校のみなさんを囲んでカンタイ!
日焼けをしたのか、それとも夕映えのためか、みんなちょっと上気した顔での記念撮影となりました。

忘れな草を受け取ってくださったみなさん、募金に協力してくださったみなさん、ボランティアに集まってくださったみなさん、本当にありがとうございました。



3月18日はこちら          →4月2日 忘れな草プロジェクト at 東北へつづく




 
   



このイベントに関するお問い合わせは、
ほのぼの運動協議会事務局まで。
電話:03-5722-1070、メール:jimukyoku@honobono-undo.org