ホームへ
ほのぼの運動ロゴマーク 東日本大震災関連プロジェクト
     



2021年の忘れな草プロジェクトスペシャルイベント

2021年の忘れな草プロジェクトは……
2014年に始まった忘れな草プロジェクト。
コロナ禍であることに配慮をし、大規模な配布は行わないことにし、一部ほのぼの運動参加店舗の店頭での配布を行いました。
同時に募金を募るなどの活動も、同店舗で行いました。


さいたま市立常盤中学校と岩瀬農業高校をオンラインで
そんな中、忘れな草プロジェクトにご協力いただいた、さいたま市立常盤中学校の生徒たちと、ワスレナグサを育ててくれた福島の農業高校生とをオンラインで結ぶイベントを開催いたしました。

7月7日の七夕に、福島県立岩瀬農業高校の高校生と、さいたま市立常盤中学校の中学生、そこに当協議会の大河原毅理事長、事務局とがオンラインでつながり、さまざまなお話をいたしました。

中学生たちは事前にたくさんの質問を準備しており、震災について、ワスレナグサの花について、農業高校の特徴についてなど、たくさんの質疑応答がなされました。



また、大河原毅理事長からは、このほのぼの運動協議会ができた経緯、そして忘れな草プロジェクトについての想いなど、ふだんはあまりおうかがいすることができないお話もうかがえました。




はじめはオンラインということで、多少、慣れないところもありましたが、次第にうちとけ、大賑わいになりました。
予定より時間も30分以上オーバーするほど、活発な意見交換が行われました。
子どもたちは、最後にはピースサインと満面の笑顔でした。
2022年こそは、リアルでみなさんとお会いできますように。





さいたま市立常盤中学校のみなさん、福島県立岩瀬農業高校のみなさん、ありがとうございました

 

     
   



   


 
   



このイベントに関するお問い合わせは、
ほのぼの運動協議会事務局まで。
電話:03-6736-5680、メール:jimukyoku@honobono-undo.org